猫とワタシ

この素晴らしき世界~

自然と心の会話

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する朝食です

ライフ

イングリッシュマフィンにサラダ、コーンスープ
パンを噛み噛み「美味しい」
初めてのパン

DSCN2049.jpg

バゲットの上に トマト&チーズ
元気が出ます
シンプルなパンの味が 美味しい

DSCN2060.jpg

俵おにぎり、お米も大好き
朝から 笑顔
ホットミルクで 頑張ろう

DSCN2100.jpg

この記事のみを表示する温泉・・・それは癒しかな

ライフ

遠軽町にある「セトセ温泉」に行ってきました
おぉ    山奥

おぉ    レトロ

お湯が 胃腸に良いらしいです
飲みました

女湯 私・・・1人でした


階段が3段以上は あったかな
下りたところに浴槽が一つありました
初めてです

そうそう 場所まで行く途中に ”金八トンネル”って言うのがありました

今 思います

千と千尋の神隠し     まさしくです

DSCN2101.jpg

この記事のみを表示する気持ちはダイエット

ライフ

パソコンのワードを開いてみたら・・・ダイエット計画の表が
本当に意志が弱い私です

イクラ丼ではイクラカップ

あ~~~美味しい

DSCN2006.jpg

この記事のみを表示する春、夏~秋

ライフ

ご無沙汰しています

6月頃から、苺ジャムが食べたくて 高値のを買ったら「もう~美味しい」
朝食が嬉しい時間となりました

DSCN1899.jpg

7月 初メロン
日本中 飛び交うよね

DSCN1903.jpg

名寄イオンで購入です
四角は 姉にプレゼント
お洒落

DSCN1914.jpg

朝ご飯に お粥
玉子粥
優しい感じ

DSCN1977.jpg

お粥色々で 朝食
日本人だもん

DSCN1987.jpg

ちょっと洋風に

DSCN1988.jpg

戻って日本人

DSCN1990.jpg

サラスパに納豆、ピーマン・・・味はバター醤油少し、コップの中身は トマトジュース

DSCN1960.jpg

暑い日の午後
ふるふるカステラと冷たいミルクティー

DSCN1961.jpg

空が 秋色に
時期に冬かぁ~ホットカフェオレ

DSCN1995.jpg

ジャムが無くなって違うのを購入
ん~   ば~ちゃんジャムの味だ

DSCN1997.jpg

いつかは     やると思う    いつか    放置の花畑

DSCN1984.jpg

DSCN1986.jpg

この記事のみを表示する生きる

ライフ

“自身の死”で伝えたい本当の気持ち
1982年7月21日生まれ、東京都出身の麻央さんは、上智大学在学中にタレントとして活動。その後はフリーアナウンサーとして報道番組に加えてバラエティ番組でも活躍したほか、女優としても活動していた。

2010年1月に海老蔵と婚約発表会見を行い、3月に婚姻届を提出。7月には挙式、結婚披露宴を執り行い、幸せいっぱいの笑顔の麻央さんの様子が報じられていた。また、11年7月に第1子である長女・麗禾(れいか)ちゃんを、13年3月に第2子である長男・勸玄(かんげん)くんを出産した。

2016年6月、海老蔵が会見で麻央さんが乳がんであることを公表。入退院を繰り返しながら、闘病生活を送っていたが、“力強く人生を歩んだ女性でありたい”、“子供たちにとって強い母でありたい”という理由から9月にブログを開設し、闘病の様子などを綴った。

11月、BCCへの寄稿で麻央さんは「人の死は、病気であるかにかかわらず、いつ訪れるか分かりません」という切り出しで、「例えば、私が今死んだら、人はどう思うでしょうか。『まだ34歳の若さで、可哀想に』『小さな子供を残して、可哀想に』でしょうか??私は、そんなふうには思われたくありません」と本音を訴えていた。

病気が公表されたことで、麻央さんには大きな病を患っているというイメージがついてしまったが、これまでの人生の中で「病気になったことが私の人生を代表する出来事ではない」とする。「私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、愛する人に出会い、2人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した、色どり豊かな人生だからです」と夫・海老蔵や麗禾ちゃん、勸玄くんのことに触れながら病が全てではないと強調していた。

23日。厳しい闘病生活の末、麻央さんは旅立ったことが発表された。これまでブログでは、懸命に病と向き合う姿や海老蔵や子どもたち、姉である小林麻耶ら家族に対しても気遣いを見せる様子を綴り、病の中でも自身にできる全てのことを精一杯やってきた様子の麻央さん。

麻央さんの寄稿の最後の文章には「与えられた時間を、病気の色だけに支配されることはやめました。なりたい自分になる。人生をより色どり豊かなものにするために。だって、人生は一度きりだから」と結ばれていた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。